Mountain Rose 山記録、バラ、ヘリコプター、遠征など

月山 クロユリ

「月山」はクロユリの時期

e0239458_20533426.jpg

姥沢小屋跡、牛首下から月山、姥ヶ岳を周回 
h26.7.5 土曜日
トレーニング
気温18度、曇り(駐車場)
駐車場10:45~姥沢小屋跡~牛首下~牛首分岐~12:40月山
月山13:12~牛首分岐~金姥分岐~姥ヶ岳~リフト上駅~徒歩~14:45駐車場
歩行距離約9km 所要時間4時間

「月山」山頂から東側





宮城県内は低い雲に覆われる
山形県鶴岡市が晴れる
昼過ぎにピークに上がれば良い

e0239458_21055194.jpg

10:30に姥沢駐車場、姥ヶ岳は雲の中

リフトは整備中、姥沢小屋跡から牛首下へ
「ユキザサ」(雪笹)
秋には赤い実が生る

e0239458_20535209.jpg

「オオバキスミレ」(大葉黄菫)

e0239458_20535339.jpg

道を覆う残雪

e0239458_20535244.jpg

「ズダヤクシュ」

e0239458_20535236.jpg

ガスが濃く、木道ルートを外さないように

e0239458_20535267.jpg

牛首下付近からロープがある
リフト上駅からの登山者と合流する
牛首分岐への急登

e0239458_20535221.jpg

鍛冶月光から渋滞気味に
「ハクサンイチゲ」

e0239458_21021817.jpg
e0239458_21021812.jpg

岩の坂道、高度を上げると
鶴岡市方面は晴れ

e0239458_21021824.jpg

「ミヤマキンバイ」

e0239458_08323012.jpg
e0239458_08323066.jpg

山頂台地へ上がる

e0239458_21021874.jpg

たくさんの登山者

e0239458_21021800.jpg

山頂で休憩

e0239458_21021802.jpg

東側はガス、時折り青空
大雪城方面

e0239458_21021876.jpg

広大な雪原

e0239458_21131185.jpg

「ミヤマクロユリ」(深山黒百合)

e0239458_21131151.jpg
e0239458_21131125.jpg
e0239458_21131119.jpg

「ミヤマウスユキソウ」(深山薄雪草)

e0239458_21131112.jpg

「イワイチョウ」(岩銀杏)

e0239458_08323067.jpg

アブラナ科の
「ハクサンハタザオ」(白山旗棹)
らしい

e0239458_21131285.jpg

「ハクセンナズナ」(白鮮薺)
花は8月に咲く

e0239458_21172175.jpg
花のルート
e0239458_21172102.jpg
「チングルマ」
e0239458_21172142.jpg
牛首方面
e0239458_21172170.jpg
柴灯森の坂道で
「ヒナザクラ」
e0239458_21172151.jpg
「モミジカラマツ」(紅葉唐松)かな?
e0239458_21172124.jpg
金姥分岐からの登りの途中
品倉尾根から鶴岡、日本海
e0239458_21214023.jpg
「チングルマの風車」
e0239458_21214066.jpg
姥ヶ岳への木道
e0239458_21214046.jpg
「ハクサンチドリ」
e0239458_21214002.jpg
「ウズラバハクサンチドリ」(鶉葉白山千鳥)
e0239458_21214058.jpg
姥ヶ岳からの展望は無し
e0239458_21214027.jpg
ゲレンデでは競技スキーの練習中

リフトに沿って下る
これが泥道で滑りやすく、登りは厳しそうだ
姥沢小屋跡ルート往復が良い
リフトは7/16から運行再開予定

「ニッコウキスゲ」(日光黄萱)
リフト付近で咲いていた
e0239458_21303892.jpg
「ゼンテイカ」(禅庭花)ともいう
e0239458_21303871.jpg

e0239458_21303826.jpg
リフト沿いには「ヨツバヒヨドリ」、まだ蕾
今年も「クロユリ」を見ることができた
花の時期は短い、ガスっても登ることにしていた
「月山」、登った度のすばらしさがある

寒河江で「肉そば」
e0239458_23240638.jpg



[PR]
by ranger3yuji | 2014-07-05 21:36 | 2014山記録